Search
Duplicate
🤝

リファラルアプリ活用「Letters」

目次

リファラルとは…?

リファラル(referral)とは、英語で「紹介・推薦」などを意味します。 既存顧客が「友人」「家族」などに商品を紹介し、新規顧客を効率的に獲得する手法です。
商品購入後に「既存顧客」と「新規顧客」にクーポンなどを配布することなどが多いリファラルマーケティング。
こちらのページでは、ShopifyでEC事業者が開発コストなしで手軽にリファラルマーケティングを自社ECに導入できるアプリ「Letters」とMikawayaの活用方法についてご案内します!
アプリインストールはこちら
アプリサービスページはこちら

Lettersアプリを導入するメリット3選

費用対効果(ROI)の向上 初期費用と成功報酬(手数料)など全てゼロ円。カスタマーへのインセンティブ設定を自由にコントロールすることで、大幅なマーケティングのCPA改善が期待できます。 ②CSRやPRにも活用可能 紹介インセンティブは、ギフト券やクーポンに限りません。チャリティー募金やキャンペーンなど自由に内容の設定ができるため、プログラム設計次第ではCSRやPR活動の一環としてもご活用いただけます。 ③オフライン店舗での活用も可能 QRコードの生成も簡易にできるため、ブランドを応援してくれている店舗や施設などへの紹介用QRパネルの掲出なども可能。対個人に限らず、広めてもらう場所を増やしていくことも可能です。

Lettersアプリでできること

・最低限の編集で、ストア独自の紹介プログラムを簡単に実装することができる。(コード設置不要) ・お客様へのレビュー記載のお礼をメールなどで自動送信可能。(例:Amazonギフト券、クーポン等) ・既存のお客様からその周りの友人や家族へと、高確率なレビュー獲得に繋げられる。 ・ストア側(アプリ管理画面)でAmazonギフト券やクーポンを金額設定を自由に設定可能。 ※紹介インセンティブについても自由に設定可能

Mikawayaとの連携

Mikawayaで紐付けされているサブスク商品の購入も、問題なくLettersアプリの機能(紹介プログラム)と連携することが可能です。 Lettersアプリ×Mikawayaアプリの2つを活用することで、サブスクのリファラルマーケティングを実装することが出来ます。
2022年7月に【Lettersアプリ×Mikawayaアプリ】の勉強会を開催いたしました。
勉強会レポートを公開しておりますので、リファラルマーケティングについてご興味のある方は是非ご覧くださいませ